科研費基盤研究(A):イスラーム・ジェンダー学と現代的課題に関する応用的・実践的研究

ブックトーク『フェミニズムズ』×『憧れの感情史』——‘新しい女性たち’をめぐる夢と憧れ

ブックトーク『フェミニズムズ』×『憧れの感情史』——‘新しい女性たち’をめぐる夢と憧れ

『フェミニズムズ――グローバル・ヒストリー』(明石書店、2023年)の著者、ルーシー・デラップ氏(ケンブリッジ大学)が2024年2月に来日されます。デラップ氏は、2023年6月末に刊行された山口みどり・中野嘉子編『憧れの感情史――アジアの近代と〈新しい女性〉』(作品社、2023年)の執筆者の一人でもあります。そこで、井野瀬久美惠氏と長沢栄治氏をコメンテーターにお招きし、二つの本に共通する各地の「新しい女性」たちをめぐる夢と憧れをテーマに、ブックトークを開催することになりました。皆様、ぜひご参加ください。

お申し込みはこちらから(締切:2月14日)
https://forms.gle/M2HMmoSG5dAy6Xp19
※対面およびオンラインでの参加が可能です。

ブックトーク 『フェミニズムズ』×『憧れの感情史』――‛新しい女性たち’をめぐる夢と憧れ

日時:2024年2月21日(水) 14:00~17:30
場所:東京理科大学富士見校舎 F404&ZOOM

【プログラム】
 司会 中野嘉子(東京理科大学)
14:00 山口みどり(大東文化大学)
    「《憧れ》が動かす近代」
14:20 Lucy Delap(ケンブリッジ大学)
    ‘Dreams’(同時通訳付き)
15:05 後藤絵美(東京外国語大学)
    「《憧れ》にうつるエジプトの近代」
15:25 高媛(駒沢大学)
    「『満洲』というファンタジーの創出と空転」
15:55 コメント1 井野瀬久美惠(甲南大学)
16:15 コメント2 長沢栄治(東京外国語大学)
16:50 全体討論

主催:基盤研究(C)アジアの近代と「憧れ」の比較史――「新しい女性」現象の伝染・潜伏・共振(代表:山口みどり、21K00812)
共催:基盤研究(A)イスラーム・ジェンダー学と現代的課題に関する応用的・実践的研究(代表:長沢栄治、20H00085)
協力:東京理科大学経営学部国際デザイン経営学科