科研費基盤研究(A):イスラーム・ジェンダー学と現代的課題に関する応用的・実践的研究

「近代・イスラームの人類学」、その先へ――大塚和夫先生の目指したもの

「近代・イスラームの人類学」、その先へ――大塚和夫先生の目指したもの

 本シンポジウムは、中東をフィールドとする社会人類学者、大塚和夫先生のご逝去から10年が経った2019年に企画されたのち、コロナウイルス感染拡大に伴い延期されておりました。
 このたびオンライン併用のハイフレックス方式にて開催が決定しましたので、ご案内いたします。
 今一度、人類学および中東イスラーム地域研究の視点から、先生のご研究を回顧したいと思います。
 みなさまのご参加をお待ちしております。

開催日時:2022年10月16日(日)13:00~16:00(開場12:30~)
 *シンポジウム後に飲食なしでの懇談会を予定しております(来場者のみ、~17:00)
開催方法:オンライン配信を併用したハイフレックス形式で開催(事前申込制)
参加申込フォーム:https://forms.office.com/r/E0S0yrT5Ai
 *参加をご希望の場合は10月10日(月)までにご登録ください。
 *登録者には会場の詳細情報と招待リンク(Zoom)を開催前日までにお送りします。

◆会場
東京都立大学南大沢キャンパス
https://www.tmu.ac.jp/university/campus_guide/access.html

◆プログラム

13:00 開会の辞・趣旨説明:長沢栄治

13:05 第1部:パネルディスカッション「大塚先生の研究を振り返る」
  司会/研究紹介:大川真由子
  登壇者:小田亮、臼杵陽、齋藤剛
  総括コメント:赤堀雅幸

14:20 質疑応答

【休憩10分】

15:00 第2部:「大塚先生から学んだこと」
  司会:飯塚正人
  登壇者:池田昭光、岡真理、亀井伸孝、久志本裕子、末近浩太、竹村和朗、谷憲一、森山央朗

15:55 奥様からのお言葉

16:00 閉会の辞:綾部真雄

懇親会(飲食なし)16:00~17:00

+++++++++++++++++++

主催:大塚和夫先生の研究を振り返る会(呼びかけ人:赤堀雅幸、飯塚正人、石田慎一郎、大川真由子、黒木英充、末近浩太、長沢栄治)
共催:科研費基盤研究(A):イスラーム・ジェンダー学と現代的課題に関する応用的・実践的研究(代表:長沢栄治)
   東京都立大学社会人類学教室
   日本文化人類学会関東地区研究懇談会

お問い合わせ先:大川真由子(m-okawa★kanagawa-u.ac.jp)※★は@に変更してください。