科研費基盤研究(A):イスラーム・ジェンダー学と現代的課題に関する応用的・実践的研究

<IG科研2022年度公開シンポジウム> イスラーム・ジェンダー学が目指すもの――公正の問題を考える

<IG科研2022年度公開シンポジウム>
イスラーム・ジェンダー学が目指すもの――公正の問題を考える

 イスラーム・ジェンダー学科研のプロジェクト第二期が始まり、今年で三年目となります。ここ数年、コロナ禍で開催を見送ってきた公開シンポジウムですが、今年度はハイブリッド方式で開催できることになりました。第一部では、イスラーム・ジェンダー・スタディーズの各巻編者が登壇し、科研でのこれまでの活動を振り返りつつ、何を発見し、学び、考えたのかを、会場の皆様とともに振り返ります。第二部では、「公正」を一つの軸として、今後の活動の展望を議論したいと思います。多くの関心ある皆様のご参加をお待ちしています。

日 程:10月9日(日) 13:30~16:30
形 式:ハイブリッド方式
会 場:東京大学本郷キャンパス/オンライン(Zoom)

[プログラム]
司会:後藤 絵美(東京外国語大学AA研)

13:30-15:00
第一部 イスラーム・ジェンダー・スタディーズの軌跡
 時間的・空間的な多様性を考える(森田 豊子(鹿児島大学)、第1巻『結婚と離婚』編者)
 民衆の渇望へのアプローチ(鷹木 恵子(桜美林大学)、第2巻『越境する社会運動』編者)
 選択できる人生を切り拓く(服部 美奈(名古屋大学)、第3巻『教育とエンパワーメント』編者)
 知のメーキング現場としてのフィールド(鳥山 純子(立命館大学)、第4巻『フィールド経験からの語り』編者)
 〈わたし〉らしく生きる―女たちの生の軌跡と装い(岡 真理(京都大学)、第5巻『記憶と記録にみる女性たちと百年』編者)

15:00-15:20 休憩

15:20-16:30
第二部 イスラーム・ジェンダー学が目指すもの
発題:長沢 栄治(本科研代表、東京外国語大学AA研)
 「イスラーム・ジェンダー学と公正へのアプローチ ―intersectionalityと新しい人文学」

ディスカッション

[参加方法]
参加をご希望の方は登録フォームまたはポスター内のQRコードよりご登録をお願いします。

[登録フォーム]https://forms.gle/bqMqFAfiirAhmii46
※対面参加をご希望の場合は9月30日まで、オンライン参加をご希望の場合は10月7日までにお申し込み下さい。
※オンライン参加をご希望の方には、開催前日までにZoomリンクをご登録いただいたメールアドレスにお送りします。
※会場参加をご希望の方はご連絡先の明記をお願いします。また、詳細についてはご登録いただいたメールアドレスに別途ご連絡差し上げます。

[主催]基盤研究(A) イスラーム・ジェンダー学と現代的課題に関する応用的・実践的研究(代表: 長沢栄治、20H00085)

[お問い合わせ先]イスラーム・ジェンダー学科研事務局 office★islam-gender.jp ※★は@に変更してください。