科研費基盤研究(A):イスラーム・ジェンダー学と現代的課題に関する応用的・実践的研究

第4巻 フィールド経験からの語り

第4巻 フィールド経験からの語り

第4巻 フィールド経験からの語り

鳥山 純子(編著)
初版年月日 2021年6月10日
252ページ
価格 2,500円+税

イスラームの実態は、人々が生きる現実の中にある。それは具体的な行為の中に生きられる「生」の一部だ。本書はそうした現場とのかかわりで経験する混乱や気まずさ、小さな喜びを扱う。雑多な感情の交感の中で生まれる何かを知識として提示する、稀有なる書。

【目次】
「イスラーム・ジェンダー・スタディーズ」シリーズ刊行にあたって――4『フィールド経験からの語り』
はじめに
序章 なぜいま「フィールド経験」から語るのか――一人の人間としてイスラーム・ジェンダーを生きるために[鳥山純子]

第Ⅰ部 関係に学ぶ/を築く
第1章 生と性の間で――保健師としてのパレスチナ人女性への聞き取りから[藤屋リカ]
第2章 つながりを構築する――紐帯のビルディング、あるいは社会関係の科学[ダリラ・ゴドバン/翻訳・志田夏美]
第3章 「聞こえないトランスジェンダー」だった私のフィールド体験[伊東聰]
第4章 現地を知る、相手を知る――パレスチナのフィールドに入る[南部真喜子]
第5章 パレスチナ人ゲイAとの出会い[保井啓志]
第6章 近しさへの奮闘――時に不安定なカイロの友人グループ[エイモン・クレイル/翻訳・原陸郎]

第Ⅱ部 関係がゆらぐ/に悩む
第7章 気まずい、と感じること――パキスタンでの経験から[賀川恵理香]
第8章 二つの海の出会うところ――香港でさわる、さわられる[小栗宏太]
第9章 「私は何者か」という問いとともに[小川杏子]
第10章 中立性の功罪[村上薫]
第11章 偏見を笑う[細谷幸子]
第12章 感情の荒波を乗り越える――調査日誌の読み直しから[岡戸真幸]

第Ⅲ部 関係が続く/を終える
第13章 フィールドとの往来のなかで時間を重ねること[植村清加]
第14章 モロッコにおける友情と文書収集[レオン・ブスケンス/翻訳・中西萌]
第15章 フィールドワークの終わり――あるいは、私がバドル郡に行く理由[竹村和朗]

 執筆者による関連論文

*詳細はこちらをご覧ください。