科研費基盤研究(A):イスラーム・ジェンダー学と現代的課題に関する応用的・実践的研究

ワークショップ「レバノンのシリア難民女性」Syrian Refugee Women in Lebanon

ワークショップ「レバノンのシリア難民女性」Syrian Refugee Women in Lebanon

On top of their challenges as protracted refugees, the female Syrian refugees are having to overcome multiple trials in Lebanon amidst the Covid-19 lockdown and Lebanon’s financial collapse. Join us to find out how Syrian women and girls are experiencing the pandemic at the domestic level of their confinement.

日時:2021年5月25日(火)16:00~17:30
会場:Zoomを用いたオンライン開催
言語:英語
参加費:無料

◆報告:マルワ・アフマド Marwa Ahmad
(同志社大学大学院グローバルスタディーズ研究科博士課程)
 PhD. Candidate, Graduate School of Global Studies, Doshisha University

◆題目
"Syrian refugee women and girls' experience of the Covid-19 lockdown"
新型コロナ・ロックダウン下のシリア難民女性の経験

◇ディスカッサント:森田豊子(鹿児島大学)
◇司会:黒木英充(東京外国語大学AA研)

【参加方法】
ご参加希望の方は登録フォームまたはポスター内のQRコードよりお申し込みください。

【主催】
・科研費学術変革領域研究(A)「イスラーム的コネクティビティにみる信頼構築」A03「移民・難民とコミュニティ形成」班
 https://connectivity.aa-ken.jp/
・科研費基盤研究(A)「イスラーム・ジェンダー学と現代的課題に関する応用的・実践的研究」グループ研究「ポスト紛争後の修復的正義とジェンダー」
 http://islam-gender.jp/