科研費基盤研究(A):イスラーム・ジェンダー学と現代的課題に関する応用的・実践的研究

Online Book Talk 2/巣ごもり読書会『現実を解きほぐすための哲学』

Online Book Talk 2/巣ごもり読書会『現実を解きほぐすための哲学』

今回は「フェミニズム」について考えるシリーズ第2弾。
『現実を解きほぐすための哲学』(トランスビュー、2020年)の「性差」と「人種」の章を題材に、二人の語り手が、思うところを自由に話し合いました。
(右の画像をクリックすると文字起こし記録(PDFファイル)が開きます。)

◆日時: 2020年9月18日(金)17:00~18:00(終了しました)
◆会場: Zoomを利用したオンライン開催
◆語り手: 後藤 絵美(東京大学)、小手川 正二郎(國學院大学)
◆課題図書: 小手川 正二郎『現実を解きほぐすための哲学』(トランスビュー、2020年)
◆主催: ・科研費基盤研究(A) イスラーム・ジェンダー学と現代的課題に関する応用的・実践的研究(代表:長沢 栄治)
・グローバル秩序の溶解と新しい危機を超えて:関係性中心の融合型人文社会科学の確立 B01班規範とアイデンティティ(代表:酒井 啓子)
◆共催: 東京大学 日本・アジアに関する教育研究ネットワーク
◆問い合わせ先: イスラーム・ジェンダー学科研事務局 (office@islam-gender.jp)