科研費基盤研究(A):イスラーム・ジェンダー学と現代的課題に関する応用的・実践的研究

ASNET主催 映画シンポジウム:アジアを知る 『女を修理する男』上映会・講演会

 2018年にノーベル平和賞を受賞されたコンゴの婦人科医、デニ・ムクウェゲ医師の治療活動を追うドキュメンタリー作品の上映会および関連の講演会をご案内いたします。
 作品の舞台は中部アフリカのコンゴ民主共和国ですが、戦時性暴力は遠い世界のことではなく、日本とアジアの間にも今なお横たわる問題として捉える立場から、「アジアを知る」映画シンポジウムとして開催します。
 2016年の来日時、ムクウェゲ医師は、日本軍戦時性暴力に関する展示活動を長年継続しているアクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam)(東京都新宿区)を訪問され、展示パネルを見たり、女性国際戦犯法廷の記録ビデオも視聴されました。
 今回のシンポジウムでは、映画上映後に、wamの名誉館長である池田恵理子氏にご講演をいただき、wamの活動やムクウェゲ医師との交流等についてお話いただきます。お申し込みをお待ちしております。

◆日時:2020年11月28日(土) 14時~17時
◆会場:Zoomを利用したオンライン開催
◆上映作品:「女を修理する男」ティエリー・ミシェル監督、2015年、112分(配給:ユナイテッドピープル)

◆講演者:池田 恵理子氏(アクティブ・ミュージアム 女たちの戦争と平和資料館(wam)名誉館長)
◆プログラム
14:00~14:05 開会・趣旨説明(司会:板橋暁子(ASNET))
14:05~16:00 映画「女を修理する男」上映会
16:00~16:10 休憩
16:10~16:40 講演会(講演者:池田 恵理子氏(wam))
16:40~17:00 質疑応答
17:00     閉会
◆参加費:無料
◆参加方法:ご参加希望の方は登録フォーム ( https://forms.gle/faVDh5iaxJgWXgj58 )またはポスター内のQRコードより前日までにお申し込みください。
※ZoomのURLを当日正午までにe-mailアドレスにお送りします。
※国内居住の方であればお申し込みいただけます。
◆注意事項:一部刺激の強い描写もございます。12歳以下のお子様のご鑑賞は、保護者の方の自主的なご判断をお願いいたします。
◆主催:東京大学 日本・アジアに関する教育研究ネットワーク(ASNET)
◆共催:科研費基盤研究(A)イスラーム・ジェンダー学の構築のための基礎的総合的研究(代表:長沢栄治)

参考URL ■配給元(ユナイテッドピープル)作品紹介ページ unitedpeople.jp/archives/2407

■デニ・ムクウェゲ医師について(コンゴの性暴力と紛争を考える会)
http://congomm2016.wixsite.com/asvcc/dr-denis-mukwege

◆お問い合わせ先
東京大学 日本・アジアに関する教育研究ネットワーク(ASNET)事務局( asnet@asnet.u-tokyo.ac.jp )