科研費基盤研究(A):イスラーム・ジェンダー学と現代的課題に関する応用的・実践的研究

映画シンポジウム:「女らしさ Mohtarama」

映画シンポジウム:「女らしさ Mohtarama」(監督:Diana Saqeb、Malek Shafi'i (2013年、アフガニスタン))

開催報告

2022年3月4日(金)に映画シンポジウム「女らしさ Mohtarama」を開催しました。
当日はMalek Shafi'i監督がオンラインでインタビューに応じてくださいました。90名以上が参加し、活発な質疑が行われました。詳しくは文字起こし記録をご覧ください。(右の画像をクリックすると文字起こし記録(PDFファイル)が開きます。)

*こちらのウェブサイトから映画をご覧いただけます(有料)。
 https://dafilms.com/film/9611-mohtarama

* * * * * *

 2021年8月、ターリバーンが新政権の樹立に向けて動き出す中、路上に出て、よりよい未来を求めるべく声を挙げる人々もあらわれました。「アフガン女性は存在する」というスローガンを掲げた運動もその一つでした。
 日本では「顔を覆われた存在」というイメージが残るアフガン女性たちですが、Malek Shafi'i 監督とDiana Saqeb監督の本作品では、ここ十数年のあいだに、彼女たちが自らの思いや願い、考えを語ったり、路上に出て声を挙げたりする動きが描かれています。
 2010年のヘラートで、2009年のカーブルで、2011年のマザレ・シャリフで、ブルカ屋のおかみや、抗議運動の場に集まる人々、12歳で結婚を余儀なくされた女性たちが、それぞれ、「女」であることについてどのように語ったのか。アフガニスタンで女性たちが置かれてきた状況と、その中で育ってきたフェミニズムについて、本シンポジウムでは、人々が直面した困難と抱いてきた希望の両面から接近してみたいと思います。

日時:2022年3月4日(金)17時開始(日本時間)(終了しました)
会場:オンライン
言語:英語および日本語

*モデレーター:後藤 絵美(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)
*登壇者:Malek Shafi'i監督、鳥山 純子(立命館大学国際関係学部)

【プログラム】
17:00 開会の言葉+映画紹介 後藤絵美(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)
17:10-18:10 映画上映
18:20-19:00 コメントおよび監督とのインタビュー 鳥山純子(立命館大学国際関係学部)
19:00-19:50 質疑応答およびディスカッション
19:50 閉会の言葉

主催
・科研費基盤研究(A)空間・暴力・共振性から見た中東の路上抗議運動とネイション再考:アジア、米との比較(代表:酒井啓子, 21H04387)
後援
・科研費基盤研究(A)イスラーム・ジェンダー学の構築のための基礎的総合的研究(代表:長沢栄治, 20H00085)
・立命館大学 中東・イスラーム研究センター(CMEIS)

* * * * * *

 In August 2021, as the Taliban set out to establish a new regime, some people went out to the streets to hold demonstrations. One of the groups raised banners that read, "Afghan women exist (zanān-i afghān vojūd dārand)".
 In Japan, Afghan women still have the image of being "covered." However, Mohtarama, a brilliant film directed by Malek Shafi'i and Diana Saqeb, tells us that these women have fought for decades to build a better society by developing their ideas, discussing issues with others, and taking to the streets to raise their voices.
 At Herat in 2010, Kabul in 2009, and Mazare Sharif in 2011, women—an owner of burqa shop, protest attendees, and women who were forced to marry at the age of 12—expressed their views on what is like to be a woman in their society. In this workshop, we would like to take a closer look at the situation to which women have been relegated in Afghanistan and the feminism that has been developing amid this environment, both in terms of the difficulties faced by people and the hopes they hold in their hearts.

Date & Time: Friday, March 4, 2022 (17:00 JST/ 9:00 CET~) (This event has ended)
Venue: Online
Languages: English and Japanese (partially with translations)

Program
17:00 JST/ 9:00 CET Introduction to the film (Emi Goto, ILCAA, Tokyo University of Foreign Studies)
17:10 JST / 9:10-10:10 CET Film screening
18:20 JST / 10:20-11:00 CET
Interview with Director Malek Shafi'i (Junko Toriyama, Ritsumeikan University)
19:00 JST / 11:00-11:50 CET Q&A and Discussion
19:50 JST / 11:50 CET Closing

Organizers:
- Grant-in-Aid for Scientific Research (A) (Principal Investigator: Keiko SAKAI (Chiba University) Project Number: 21H04387)
- Grant-in-Aid for Scientific Research (A) “JSPS Research Project on Islam and Gender: Towards a Comprehensive Discussion” (Principal Investigator: Eiji NAGASAWA (ILCAA Research Fellow) Project Number: 20H00085)
- Center for Middle Eastern and Islamic Studies (CMEIS), Ritsumeikan University